大阪市のたかあい整体院で坐骨神経痛を改善していきましょう。

2019/10/04 ブログ
logo

大阪市のたかあい整体院で坐骨神経痛を改善していきましょう。

おはようございます

たかあい整体院の山下です

本日は【坐骨神経痛】についての話

 

坐骨神経痛はケガ、病名ではありません。

症状の1つですので、めまいや頭痛のようなものと同じです。

 

つまり坐骨神経痛は単体で起こることはありません!】

 

何かがあり、坐骨神経痛を引き起こしてしまいます。

例えばヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎分離症などが原因で起きます。

 

このような病名以外にも症状を出すものがあります。

 

それの原因の1つとしては「筋肉の硬さ」です。

 

神経は筋肉の中を通っていきます。

ですので、筋肉が硬くなってしまうと神経の通り道も圧迫されてしまい、神経症状を出してしまいます。

 

つまり筋肉の硬さと神経症状は切っても切り離せない関係にあるのです。

坐骨神経痛でお悩みの方は大半の方が腰痛にも悩まされてます。

逆に今、腰痛でお悩みの方は放っておくと坐骨神経痛になる確率が高いということですね。

 

具体的になりやすい人は

・ぎっくり腰を繰り返し起こしている人

ぎっくり腰は急性の腰の痛みです。痛みが治まってそのまま放置しておくと筋肉はドンドン固まってしまいます。その結果、坐骨神経痛に発展するというケースです。

 

・慢性的な腰痛を持っている人

慢性的な腰痛は生活環境に何か原因があり、慢性化になってしまっています。ケアをされている方はリスクは減りますが、何もしてない方は勿論リスクは高まりますね。たまにマッサージを受けにいって「硬いですね」と言われる方も同様です。

 

・極度の冷え性の人

冷えは筋肉には一番良くありません。体を冷やしてしまうと血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなってしまうと停滞してしまい、筋肉のポンプ作用が弱まります。結果、筋肉が硬くなります。

 

 

挙げ出すとキリがないですが、坐骨神経痛のリスクは様々な日常生活に潜んでいます。

もう一度生活を見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

最後に坐骨神経痛は根気強く戦っていく必要があります。

筋肉が原因の腰痛でしたら、筋肉を緩めれば改善されます。

神経痛は筋肉も原因ですが、神経の圧迫が一番の原因です。

筋肉を緩めてから神経の通り道を確保する必要があるので、その分、時間がかかってしまいます。

 

だからといって諦めることはありません。

 

坐骨神経痛でお悩みの方は勿論、腰痛をお持ちで今後坐骨神経痛になりたくないという方も一度ご相談下さい!!